2012.5.3(Thu) P.O.W.E.R.@SOUND MUSEUM VISION



P.O.W.E.R.
Produced by WONDER&CLOCKS

2012.5.3(Thu)
@SOUND MUSEUM VISION

【OPEN】22:00
【CHARGE】DOOR:MEN ¥3,000(1D) WOMEN ¥2,500(1D)
【INFO】☎03-5728-2824  www.vision-tokyo.com

■DJ
OFF THE ROCKER(SHINICHI OSAWA + MASATOSHI UEMURA)
☆Taku Takahashi(m-flo / block.fm)
80KIDZ
MADEMOISELLE YULIA
FYS a.k.a. BINGO(HABANERO POSSE)
GUNHEAD(HABANERO POSSE)
DISCOTHEQUE(Youichi Nishimura & Rowii Tsukada)

■LIVE: CREAM

■VJ:AKISYOHI MISHIMA(FUGAHUM / ALAGAN)

<D-Lounge>
「UP BEAT!Soundworks Presents UP BEAT!Lounge」
DJs:YAMARIKI/MAMI/SUGAKI/JONSON/Daichi Shinohara/DJ taku(Rune)/KON/MASASHI

<WHITE>
「SALON OUT」
DJs:
ami×Neco
Usagi Maison
utabunny
Licaxxx

2012年のGW、Visionにてビッグイベント開催
エレクトロ〜ヒップホップ界隈の気鋭アーティストが集結する!

2012年GW、国内音楽シーンの最前線に立つアーティストが一同に集結するビッグイベントが開催される。独自のアティチュードを磨き上げ、奔放なサウンドを鳴らす大沢伸一と上村真俊によるユニット:OFF THE ROCKERを筆頭に、先日、m-flo待望のアルバム「SQUARE ONE」を発表したばかりの☆Taku Takahashiが登場。さらに、ニューアルバム「TURBO TOWN」のリリースを控える80KIDZ、新作ミックスCD「NEON SPREAD 3」が完成間近のMADEMOISELLE YULIAなど、次世代ダンス・ミュージックの騎手も参戦する。エレクトロのその先をいち早く開拓してきたイノベーターたちの豪華共演。その刺激的で攻撃的なサウンドが渋谷に響き渡る!

主催:Sound Museum Vision
企画・プロデュース:(株)ワンダー&クロックス

SHINICHI OSAWA
音楽家、DJ、ミュージシャン、プロデューサー。
ソロ・プロジェクトとなったMONDO GROSSOを経て、SHINICHI OSAWAとして革新的な作品をリリースし続ける一方、国内外のアーティストのプロデュース、リミックスも数多く手掛ける。アルバム「The One」はイギリスのSouthern FriedとアメリカのDim Makからリリースされ、その作品力が世界水準であることが認められた。作曲家、プロデューサーとしては、安室奈美恵、MINMIなどと次世代のヒット・サウンドを生み出し、リミキサーとしてはデジタリズムやフェリックス・ダ・ハウスキャットなどに原曲を越えたクラブヒットを提供。DJとしても、海外でも勢力的にツアーを行うなど、絶大な人気を得る。特に、アルバム「SO2」収録の、ベルギーのクリエイター:PAUL CHAMBERSと共作した“SINGAPORE SWING”は2MANYDJS、EROL ALKAN、BOYS NOIZEらの海外のトップDJにプレイされ、2010年の世界的クラブヒットとなった。2011年7月にはそのヒットトラック名をタイトルに掲げたニューアルバム「SINGAPORE SWING」をリリース。

OFF THE ROCKER(SHINICHI OSAWA + MASATOSHI UEMURA)
大沢伸一と、サウンド、プレイ的に共鳴し合うbonjour recordsの上村真俊によるDJデュオ。1曲ずつ交互にスピンする“BACK TO BACK”スタイルによるDJプレイは、それぞれのソロによるプレイより、さらに凶暴性や破壊力が増し、フロアを完璧にロックする。OFF THE ROCKERとは“イカレてる”というスラングと、ROCKなDJスタイルのダブルミーニング。

☆Taku Takahashi(m-flo)
DJ、音楽プロデューサー。1998年にVERBALとm-floを結成後、数々のヒットチューンを武器に日本の音楽シーンにインパクトを与える。
個人でもCrystal Kay、加藤ミリヤ、MINMIなど数多くのトップアーティストをプロデュース。
海外アーティストのリミックスも積極的に行っており、The Ting Tings、Calvin Harris、Lady Sovereignなどを手掛けている。
2009年には、日本の才能を世界に広めるために自らのレーベル”TCY Recordings”を始動。
昨年は、THE SUITBOYS名義でダンスフロア直下型のミックスCD「AFTER 5 VOL.1」を発表し、高い支持を獲得した。続けて昨年末、インターネットラジオ局:block.fmを立ち上げ、ダンス・ミュージックの文化的価値を高めるべく精力的に活動を続ける。その勢いのまま、今年3月にm-flo待望のアルバム「SQUARE ONE」を完成させた。

80KIDZ
2007年1月に結成。自主制作で2枚のミックスCDをリリース後、数々の海外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。SNSを中心に発信されたヘヴィーかつメロディックな楽曲群は瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVE EP』(2008/04)は即完売を記録。続く初のオリジナルCD作品『Life Begins at Eighty』(2008/08)はEPとしては異例のビッグ・セールスを記録した。年間ベスト・アルバムの1つとして高い評価を獲得した1stフル・アルバム『This Is My Shit』(2009/04)、CSSのLovefoxxxをフィーチャーした表題曲を含むミニ・アルバム『SPOILED BOY』(2010/06)、iTunesの総合ランキングで1位を獲得する等大ヒットを記録した2ndフル・アルバム『Weekend Warrior』(2010/10)と順調にリリースを重ね、FUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN、COUNTDOWN JAPANをはじめとするビッグ・フェスに出演。 ロックとダンスの垣根を越え活躍中。2011年12月にデジタルEP「HOTSTUFF」をリリースし再始動、2012年4月には3rdアルバム「TURBO TOWN」をリリースする。

MADEMOISELLE YULIA
1987年東京生まれ。幼少の頃からMadonna、Queen、Kylie Minogue,等を聴き、The ClashからKraftwerkまで、パンクやテクノポップ、ガレージ等の音に影響を受けながら、バンドで音楽の活動を開始した。その後、6年間ヴォーカル&ギターとして独自の感性を磨きつつ、DJ活動も始める。同時に自身で”NEON SPREAD”というパーティーを不定期で主催していた。2008年にはデビューミックスアルバム”NEON SPREAD”をリリース。エレクトロを主軸としながらもテクノ、ヒップホップ様々な音楽を取り入れたオリジナルでマルチレイヤーな世界観を表現し、一躍TOKYO ELECTROアイコンとしての名をほしいままにする。当時からDJのみに留まらないヴォーカルセンスには定評があり、シンガーとしての活動や楽曲制作にも注力。TERIYAKI BOYZ®やTOWA TEI、UFFIE等のアルバムにフィーチャリングアーティストとして参加するなど活動の幅を広げている。近年は、自身のアクセサリーブランド”GIZA”においてジュエリーデザインを手掛けるほか、雑誌「NYLON JAPAN」ではオリジナルページを持ち多くのモード系ファッション誌でモデルを務めるなど、多方面で活躍している。国内外でDJをする傍ら、Le Baron de Parisでは自身オーガナイズパーティー”YOICHI”が開催されている。2010年、テクノポップバンドPLASTICSが再始動した際はヴォーカルを務め、2011年4月、カイリー・ミノーグ20年振りの来日公演にオープニング・アクトとして出演した。2011年は日本全国からアジアまで全22カ所に及ぶDJ&LIVEツアーをVERBAL(m-flo / TERIYAKI BOYZ®)と共に行い、各地の会場動員記録を更新する。
10月にはVERBALをエグゼクティヴ・プロデューサーに迎えたシンガーとしてのデビュー・アルバム「MADEMOWORLD(マドモワールド)」をリリースした。
2012年4月25日にDJとしての新作MIXCD「NEON SPREAD 3」を発売予定。先行シングルとして「NO MORE DREAM 〜夢はいらない」が4月11日デジタルリリースをスタートする。

FYS a.k.a. BINGO(HABANERO POSSE)
HABANERO POSSE所属。DJプレイのテーマは、”IRONY & SEXY”。あえてジャンルを言うならば、”SEXY BASS MUSIC & DIRTY GHETTO MUSIC”。ヘビーベースなブランニュートラック中心の選曲、様々なクラブミュージックのアーカイブなど唯一無二のプレイスタイルが GWIG GWIG。特にMoombahtonに於いては国内の第一人者とされる。また、DEXPISTOLSの別名神出鬼没ユニット『DEXPISTOLS SOUND SYSTEM』のMCとしても活躍中。

GUNHEAD(HABANERO POSSE)
愛知県0532AREA出身。 中学生時代に、ヒップホップとテクノと2 LIVE CREWに衝撃を受け、その後90年代中頃にDJとしてのキャリアをスタートさせる。 当時ほとんど混ざり合うことの無かったヒップホップ・パーティとテクノ・パーティの双方でDJを続け、裏方としてDJ HANGERと活動を共にした後、LEOPALDONに加入。LAMP-EYEの“証言(GUNHEAD REMIX)”をブートで発表したことが話題となり、Zeebra、雷、YOU THE ROCK★、KEN THE 390、サイプレス上野など多くの HIPHOPアーティストからオファーを貰い、リミックスやプロデュースを手掛ける。2011年、FYS aka BINGOととともに、HABANERO POSSEを結成。

DISCOTHEQUE(Youichi Nishimura & Rowii Tsukada)
東京発男性2人組ダンス・ミュージック・プロジェクト。2010年にミス・ユニバース・ジャパンのオリジナル音源の提供や総合音楽をプロデュースし、続けて同年末にはファースト・アルバム「GOODBYE」を発表。Maynard Plantをボーカルに招いた“GOODBYE”は、☆Taku Takahashiによるリミックス曲も人気を集め、いまなおダンスフロアを賑わせている。他にも、フランス人シンガー:ジェイ・セバーグ、ハーヴなどと共作した楽曲も高い評価を獲得。現在、DJとしても精力的に活動するとともに、新曲のリリースも予定されている。

CREAM
2010年後期、iTunes Hip Hopチャートで4週連続1位を獲得した“CEKREAM SOUNDZ”から、Staxx TとMinamiが結成したニューグループ、CREAM(クリーム)。CREAMとは、「Creative」と「Team」を融合させたワード。自身は元より、様々なアーティストに楽曲を提供してプロデュースをするクリエイティブチームという意味。この1MC & 1ヴォーカルのメインストリーム・ヒップホップ/R&Bグループは、ここ日本で他にはないメルトサウンドを送る。個々でTERIYAKI BOYZ®のフィーチャリングやBoA、ICONIQをはじめとしたアーティストへの作詞・作曲等で活躍をし、それぞれ活動の幅を広げている。渋谷で定期的に開催している主催イベント『ICE BREAKER』@MICROCOSMOSは、相当な盛り上がりを見せ、シーンに新たな風を吹かせている。進化し続ける彼らから、これからも目が離せない。

<CDインフォ>
m-flo
「SQUARE ONE」
rhythm zone
rhythm zone
CD+DVD:¥3,99O
CD:¥3,150
now on sale

80KIDZ
「TURBO TOWN」
KSR
¥2,520
4.18 on sale

MADEMOISSELE YULIA
「NEON SPREAD 3」
EMI
¥2,280
4.25 on sale

DISCOTHEQUE
「GOODBYE」
TOY’S FACTORY/WONDER&CLOCKS
¥2,800
now on sale