2011.11.25(Fri) UPBEAT! @club asia


今回は、先日のDMC世界大会で圧倒的なパフォーマンスで大会5連覇という偉業をなしとげた関西のターンテーブリストデュオ KIREEK が登場! そして同大会でシングル部門準優勝に輝いたDJ 威蔵が参戦が決定!!!
両アーティストによる凱旋プレイは必見だ!!!
Uplifthing Musicにおいて今、もっとも勢いのある豪華GUESTを迎えてのUP BEAT!を堪能してください!!!
UP BEAT!は全ジャンルのUPPERな部分のみを完全にクローズアップし最新のUK、USチャートからBEST HITまで幅場広くおさえ、クラバーから、クラブ初心者の方まで、全人類が楽しめるパーティーを展開しています。 無我無心に踊り、狂い、そしてパーティーアニマルになってください!!! さあ、今日もUP BEAT!でLet`s DANCE!!

UP BEAT! Soundworks Presents
UP BEAT!

2011.11.25(FRI) @club asia
OPEN : 23:00
DOOR : 3500YEN/1D W/F:3000YEN/1D
MUSIC : HOUSE, TECHNO

GUEST LIVE:
◆KIREEK -5ive Time DMC World DJ Team Champion- (2007 to 2011)
◆DJ 威蔵  -2011 DMC World Chanpionship 2nd place-

MAIN FLOOR DJ:
◆及川 淳 ◆SEVEN ◆MAMI ◆Tsutomu

Lounge FLOOR DJ:
◆MATCH ◆AKIRA ◆GOTO ◆Suganemn ◆SOL ◆TATsuro

2nd FLOOR DJ:
◆YAMARIKI ◆KENTAROU ◆TEKKA ◆Sayatec ◆JOHNSON ◆N.O

VJ:
◆NOI LION ◆毒ドリル

◆Artist Profile

Kireek2

Kireek

戌年生まれのDJ YASAとHI-CによるターンテーブルユニットKireek。
2人で操るターンテーブルは万華鏡のように次々と華麗な変化を生み出し、1+1=無限大の可能性を武器に、様々なジャンルをクロスオーバーさせた独自のプレイにより行く先々でフロアを完全ロックする。
2007年、日本が誇るビッグレイヴ FUJI ROCK FESTIVALに参加。
同年ロンドンで開催されたDMC World DJ Championshipのチーム部門で初出場にもかかわらず並み居る強豪国を抑え世界チャンピオンの栄冠をつかみ取る。
2人の勢いはとどまることを知らず、2008年、2009年、2010年、2011年とディフェンディングチャンピオンとして出場し、前代未聞の世界記録5連覇の偉業を成し遂げた。
その独特なサウンドスタイルが評価され、ロンドンでNIKE DESTROYERジャケットを記念したイベントやDJ Krush / Prefuse 73との共演、モスクワで行われたTOYOTA IQのロシア発売イベント、中国ツアーなど海外でも注目される。
これまでにバトルブレイクス12inch『Kireek Breaks』のリリース。人力手動ブレイクビーツユニットHIFANAの『南風ケーブル2』、ヒューマンビートボクサー太華の『顔面着地』などのアルバムに参加している。
楽しむ圧倒的なパワーは衰えることを知らず、この2人にしか成しえることのできない未知なる世界を貪欲に追い求め続けている。

Djizoh

DJ 威蔵(ディージェイ イゾウ)

15歳の時にTVで目にしたバトルDJ特集に衝撃を受け、DJを志す。
HIPHOPに対する情熱と愛情を直向きにプレイに反映させ続け、2000年に初のDMC予選に出場。他のDJ達が様々なジャンルを取り入れ進化させていく中、あくまでリアルHIPHOPスタイルにこだわり続ける。“ボディトリックやワードプレイを織り込んだ圧倒的なパフォーマンス、音楽を紡ぐストーリー性、観客を第一に考えたエンターテイメント性は、クラウドを熱狂と共に威蔵ワールドへ導いていく。実際、この男が参加するバトルはまさに熱戦となり、数々の名バトルを演出してきた。2005年にはDMCのシングル部門で念願の日本チャンプに輝き、世界大会でも観客一番の声援を得て堂々の3位にランクする。一部では“幻の優勝”として、日本ターンテーブリスト界のMr.ヒップホップは世界で評価される。また、DMCから発売された“LOUD
COLORS”で、和のビートを活かしたルーティン「鬼桜」のPV収録が収録されるほか、映画「バックダンサーズ!」にDJ役としての出演、さらにDJ機材ショップにてスクラッチセミナーも開始し、名実ともに日本のトップターンテーブリストとして成り上がる。そして2007年には、アメリカで行われたWMC
DJ SPIN-OFF にて世界一位となる。
2008年1月には、渋谷区の成人式で、K-DUB-SHINE氏・DJ
OASIS氏と共にLIVEを行い、そこでの共演がきっかけとなり、映画デトロイド・メタル・シティの記念トリビュートアルバムに収録されるキングギドラの平成維新のサビ部分をスクラッチで参加した。2009年からはTARO
SOULとのタッグを結成。二人にしか出来ないネクストレベルのSHOWCASEを創造している。
彼の見る者を巻き込む存在感、バトルを生きがいとしたこの男ならではのヴァイブスを、ターンテーブルを通して感じて欲しい!
BIOGRAPHY
2011 DMC WORLD FINAL 2nd Place
2011 DMC JAPAN FINAL CHAMPION
2008 DMC JAPAN FINAL 3rd Place
2007 WMC DJ SPIN-OFF CHAMPION
2005 DMC WORLD FINAL 3rd Place
2005 DMC JAPAN FINAL CHAMPION
2003 DMC WORLD FINAL Battle For Supremacy BEST 8
2003 DMC JAPAN FINAL Battle For Supremacy CHAMPION
2002 BRIDGE DJ Battle CHAMPION
2001 TEENS DJ CHAMPION SHIP 2nd place
2001 BRIDGE DJ BATTLE 3rd place
2000 BRIDGE DJ BATTLE 3rd place